Browsing articles from "10月, 2016"
10月 24, 2016
新潟支部管理者

第12回新潟セミナー『産後クライシスを考えよう』

 ご報告が遅くなりましたが、9月17日(土)に第12回新潟支部セミナーを佐渡市にて開催いたしました。

今回は『産後クライシスを考えよう』をテーマにご夫婦、おじいちゃん、おばあちゃん、家族間の絆を深めるために、新潟支部会員の助産師でもある和泉久美子さん、中村智子さんを講師として講話、参加者のグループワークを行いました。

セミナーにはご夫婦、親子での参加を含め、大人15名、子ども14名の参加をいただきました。希望者には託児を設け、第1部の講話からスタート!

dsc_0929

『産後クライシス』の内容は重い課題ではありますが、グループワークで意見交換することで、日頃の育児の思いに対する夫婦間の温度差、自分だけが抱えているストレスの内容も話してみると「自分だけではない」とわかったことで心が軽くなったり、他の人の話を聞くことで視野が広がったりと、今後の子育ての参考になったとの声をいただきました。講話の中で意見交換の際は、笑わない、否定しない、秘密は守ると約束したことで参加者は安心して話ができたようです。

また、男性の参加者同士のグループでは、男性ならではの悩みを話し合えたり、発表してもらうことで、参加した母親たちは、普段なかなか聞かれない父親の思いを聞くことができたことに加え、男性の場合、妊娠、出産、育児と生活環境の変化に左右されず、妻への愛情曲線に変化がないことがわかりました。一方、妻の場合は同様の変化とともに夫への愛情曲線に変化が表れ、その変化はお互いにコミュニケーションをとることで解決できることに繋がると、この講話でわかり、夫婦間、家族とも改めて自分の思いを言葉にして伝える大切さを実感してもらえました。

そして第2部に移る前に、新潟支部から参加者へのサプライズ。

dsc_0934

佐渡市内で音楽の講師をされている先生お二人を招き、ミニピアノコンサートと歌のプレゼント♪

秋の曲に加え、「ままのそばで」「アニーローリー」の連弾、ドラマ「コウノトリ」のテーマソングなど素敵な曲を披露してくれました。

新潟支部会員としても、参加者のぱぱ、ままになったバースディをお祝いするために「ハッピーバースディ」を歌いプレゼントしました。歌詞は「ハッピー バースディ dear  パパ~まま~」という感じです。

 

次は体験コーナーの第2部!

ベビーマッサージ体験♪ 新潟支部 山田早苗さんが講師としてベビーマッサージを伝えました。

dsc_0937

クラフトつくりは、新潟支部 高橋裕子さん。プチプチを使用した乳児向けの「プチプチシャカシャカ」とぺットボトルを使用した「キラキラボトル」小さい兄弟の為に、ひとりでいくつも作る子どもたち。家で待っている子どものために作るぱぱ。とても和やかな雰囲気でした。

dsc_0941

ハンドマッサージは、新潟支部 松塚裕子さん、八幡里美さん。ぱぱ、ままの手を優しくマッサージ。皆さんとても気持ち良さそうでした。可愛らしい小さな手のマッサージ体験もありました(ままと仲良く気持良さそうなお顔をした女の子)

育児相談は、新潟支部 和泉久美子さんと中村智子さん。どこに相談していいかわからなかったことが相談出来て良かった。ぱぱも相談しやすい雰囲気でリラックスして相談をし心が軽くなった様子でした。

今回の新潟支部セミナーは、外部講師に依頼せず、支部会員、手作りで開催をしました。手作りのあたたかさや和やかな雰囲気の中行うセミナーは参加者の方々にも大好評で、来年もやってほしい!という声もいただき嬉しいかぎりです。

 

来年度は、新潟でセミナーを行いますが、佐渡市での2年間開催したセミナーを、今後も何かしらの形で継続し、ボンディングを広げていきたいと思っております。

今回の手作りのセミナーは、新潟支部会員の協力やボンディングの思いのもと開催することが出来ました。ここに皆さまに感謝申し上げます。

支部の皆さま、佐渡での2年間の開催にあたり、ご負担をおかけしましたことお詫びいたしますとともに心から感謝いたします。本当にありがとうございました。

 

支部長 後藤 千恵子